アロマお役立ち情報

100均のアロマオイルの危険性や副作用は?本物の精油との見分け方やおすすめの活用法も

こんにちは。
lily(リリー)です。

アロカツをごらんいただきありがとうございます(^_-)

「これからアロマテラピーを始めたいけど、100均で売られているアロマオイルを使って大丈夫?」

「アロマ専門店で売られているオイルと100均アロマってなにが違うの?」

そんな疑問をお持ちのあなたへ。

先に結論からお伝えすると、

  • 「100均のアロマオイル」とアロマテラピーで使われる本物の「精油」はまったくの別物。
  • 100均で売られているアロマオイルはアロマテラピーで使うには安全性に欠けている。
  • 正しい使い方を理解しないで使うと、重大な副作用を起こす可能性がある。
  • 100均に売られているアロマオイルは正しい用途での使い道がある。

このような感じです。

けして100均に売られているアロマオイルを悪者にするわけではありませんm(__)m。

生活の中にアロマを安全に取り入れてリラックスするためには正しい知識を知っておくことが大切です。

今回の「アロカツ」では

  • 100均のアロマオイルって危険性や副作用とは?
  • 本物の精油(エッセンシャルオイル)と本物ではないアロマの見分け方のコツとは?
  • 100均アロマオイルのおすすめの活用法をチェック!

これらについて詳しく解説していきます。

この記事を読み終えるころには「100均のアロマオイル」が用途によっては危険性や副作用があるということ、本物の精油(エッセンシャルオイル)との簡単な見分け方が理解できますよ。

それではさっそくまいりましょう。

100均(セリア・ダイソー)などで売ってる安いアロマオイルが危険な3つの理由や副作用とは?

はじめに説明した通り、100均の「アロマオイル」をアロマテラピーで使うことはできません。

それはどうしてか?

冒頭でもお伝えした通り、

「危険性や副作用」

があるからです。

まずはじめに100均(セリア・ダイソー)などで売られているアロマオイルがどんなものなのか?

アロマテラピーで使うには「危険すぎる3つの理由」についてチェックしていきましょう。

100均のアロマオイルの写真

100均アロマの危険な理由その1:天然成分100%ではない

アロマテラピーをおこなう上で、もっとも重要なのはオイルの品質です。

香りを嗅ぐ、体に取り入れるなど安全に使う為には、

「天然成分100%」

である必要があります。

天然成分で作られたオイルで別名

  • 「精油」
  • 「エッセンシャルオイル」

と呼ばれています。

一方、100均で売られている「アロマオイル」の成分は、石油系・アルコール系などの不純物が含まれていて、天然に似せた香りを混ぜて人工的に作られた合成成分の液体です。

もともとは香りを楽しむだけの

  • 「フレグラントオイル」
  • 「ポプリオイル」
  • 「アロマオイル」

などと呼ばれています。

本物の精油(エッセンシャルオイル)とは香りの深みもまったく違い、100%天然成分のオイルのように心身に届く癒し作用はありません。

天然成分100%の精油(エッセンシャルオイル)は安全性が高いので、アロマテラピー全般で活用でき、芳香浴以外のアロマバスや部分トリートメント(マッサージ)などに使うことができます。

100均アロマの危険な理由その2:皮膚に有害な界面活性剤のこわさと副作用

100均などで売られているアロマオイルの成分を確認すると、ほとんどが

「界面活性剤・エタノール・香料」

とコテコテの添加物が書かれています。是非一度ラベルを確認してみてください。

私が調べてみたところ、界面活性剤といってもいくつか種類があって

  • アニオン界面活性剤
  • 非イオン界面活性剤
  • カチオン界面活性剤
  • 両性界面活性剤

の4種類がありました。

なんだかよくわからない名ばかりですが、使う目的によって振り分けられるとのこと。

調べた結果、100均のアロマオイルがどの種類の界面活性剤が使われているのかは不明でした。

ようは100均アロマは原料を公開していないことになります。

さらにわかったこととして、

「石油系の原料で作られた、合成界面活性剤は人の身体に悪影響」

だということはわかりました。

合成界面活性剤には、発がん性物質があると言われ、皮膚から吸収されて成分が身体に溜まってしまうと「皮膚がん」をはじめ、あらゆるがんを引き起こす恐れや肝機能が壊される危険性があります。

私たちの生活の中で触れることがある「洗濯洗剤」や「食器用洗剤」・「柔軟剤」・「シャンプー」などにも、すくなからず合成界面活性剤が入っているものもあります。

食器洗剤を素手で使うと、すぐに肌のトラブルを起こすとう人もいると思いますがこれは毒性が強い成分の影響からです。

さらに合成界面活性剤の有害物質が身体に入る込むことで、突然アレルギー疾患などの重大な副作用を起こす場合もある成分です。

100均アロマの危険な理由その3:人工香料の危険性

いくら香りを楽しむ「アロマオイル」や「フレグラントオイル」であっても本物の精油成分と同じ作用・効能はありませんし、人工香料自体が身体に悪影響を与えます。

積極的な芳香浴で使うことはおすすめできません。

人は、有害な物質を吸うことで身体が化学物質に汚染されていきます。

特に、妊娠中の方はもっとも危険です。天然アロマであっても妊娠中の人が使用を控えた方がいい精油もあるくらいです。

人工香料を積極的に吸うことはお腹の赤ちゃんも同じ香りを吸っているということを忘れないでください。

このように、人工的な香りが危険視されていることがわかります。

使ってから後悔する前に、アロマテラピー目的で「100均のアロマオイル」を使用するのは絶対におすすめしません。

では、安全なアロマオイルなのかを確認するにはどのように調べたらよいのか?簡単に見分けられる方法を以下にまとめたのでチェックしていきましょう。

天然成分100%の本物のアロマオイル(精油)の簡単な見分け方をチェック!

本物の天然成分100%のオイルは、「精油」「エッセンシャルオイル」と呼ばれ、植物の花・果実・樹木・葉っぱ・根・草などから抽出(採れた)エキスのことを言います。

それでは、さっそく天然成分100%のアロマ(精油)とそうでないものを見分ける簡単なポイントを紹介していきますね。

見分け方のポイントその1:箱・ラベルで学名・原産国をチェック!

まず、ラベルやパッケージに「植物の学名」の記載があるかをチェックしましょう。

レモン精油の例

  • 学名:Citrus limon
  • 科名:ミカン科
  • 抽出法:圧搾法・水蒸気蒸留法
  • 抽出部位:果皮
  • 原産地:アルゼンチン・イタリア・イスラエル・スペイン他
  • 発売元:〇〇

このように、植物の詳細が記載されている精油(エッセンシャルオイル)は品質が高くアロマテラピーで安心して使うことができます。

また、本物の精油(エッセンシャルオイル)は揮発性なので、劣化を遅らせるため茶色・青などの遮光瓶」に入っています。こちらも合わせてチェックしましょう。

見分け方のポイントその2:「精油」または「エッセンシャルオイル」「100%」の表記をチェック!

天然成分100%のオイルを見極める上で、もっとも重要なのはパッケージの表面、瓶の表面の表記です。

「天然成分100%」精油(エッセンシャルオイル)の参考商品はこちら

 

この部分に以下の表現の記載があるかをチェックしましょう。

  • 精油100%
  • ピュア(pure)100%
  • ナチュラル(Natural)100%
  • エッセンシャルオイル(Essential oil)100%

これらの表記があることは、「天然成分100%」の原料で作られた精油なので、安心して購入しましょう。

見分け方のポイントその3:価格が安すぎるものには注意!

まずは、どこの100均に行っても「天然成分100%の精油」の取扱いはありません。

もしもですが、「精油100%」の記載があって100円で売られていたとしたら絶対に疑うべきです。

本物の精油(エッセンシャルオイル)の適正相場は、10ml 1,500円~65,000円と幅広い設定になっています。

この違いは効能と関係はなく、植物の希少価値や、一つの植物から採れるエキスの量に関係しています。

人気のオレンジやラベンダーの精油(エッセンシャルオイル)の例では、メーカーにもよりますが、10ml 1,500円~2,000程度で購入できます。

一番有名で高価なオイルだと「香りの女王」とも呼ばれている「ローズ・オットー」は、10ml 30,000~65,000円もするんです。

ローズオットーの参考商品はこちら

 

ローズ・オットーは3,000kg~4,000kgもの花びらから、たったの「1リットルほど」のエキスしか採れないので高価だということがわかります。

ローズ・オットーの精油は高級化粧品に含まれていたり、高級エステで使われていたりもするので、低価格で購入できる精油は天然成分100%のオイルではないと言えます。

確実に天然成分100%の本物の精油(エッセンシャルオイル)を手に入れるには、生活の木などアロマ専門店で購入するのがおすすめですよ。

また、最近では大手通販の「楽天」や「Amazon」に出店しているお店でも、本物の証明として成分を分析した表の記載があるお店が多くなってきました。

通販で購入する場合は、必ず「成分分析表」の記載があるかをチェックしましょう。

成分分析表の記載がある参考のお店はこちら

 

★他にも、天然成分100%の上質なアロマ(精油)を低価格で購入できるおすすめ通販サイトはこちらでチェックできます。是非参考になさってみてください。

アロマオイル・グッズをネット通販で購入する場合のおすすめサイトまとめ!

100均アロマオイルの安全な活用法を紹介!

ここまで記事を読み進めてくださった方は、きっと100均のアロマオイルはこわくて使いたくない!と思っていただけたと思います。

私も好きではありません( ゚Д゚)!

しかし、100均のアロマオイルにも使い方によっては、おすすめできる活用法もあるんですよ。

もともとは香りを楽しむために作られた人工香料ですから、以下の使い方がおすすめです(^^♪

アロマキッチンクレンザーでシンクをピカピカに!

100均のアロマオイルと同じく、100均のアイテムを使ってアロマクレンザーとして使ってみることをおすすめします。

☆準備するもの

  • 100均の重曹40~50g
  • 100均の密封できる容器やタッパ1個
  • 100均のアロマオイル10滴

作り方は、容器に重曹とアロマオイルを加え、密封した容器をふるふるし中身を完全に混ぜるだけと簡単です。

この時に、すべての分量を二回に分けて入れてふると中身が早く混ざりやすいですよ。

できたクレンザーをシンクの気になる部分にふりかけて、たわしやスポンジでこすりましょう。ぬめりがなくなり嫌な臭いが解消されます。

汚れが取れたら、水でクレンザーを完全に流してお掃除は終わりです。

重曹効果でピカピカになりますよ(*’▽’)

この分量で数回は使えるので、使い終わったら必ず密封して保存しましょう。

床やたたみの雑巾がけで防ダニ効果

ユーカリやミントの香りで防ダニ効果が期待できます。

☆準備するもの

  • バケツ
  • ユーカリやミントのアロマオイル
  • 雑巾1枚

掃除の仕方は簡単!バケツいっぱいの水にお好みのオイルを2~3滴垂らし、雑巾を絞る。あとは、床やたたみを水ぶきするだけです。

殺虫作用はありませんが、虫を寄らせない効果が期待できます。

注意点:雑巾を絞る時は素手ではなく、ゴム手袋や使い捨てのビニール手袋を使いましょう。

このように、アロマテラピーでは使えない「100均のアロマオイル」でも、掃除や消臭に幅広く活用することができますので是非試してみてください。

今回の「アロカツ」まとめ

今回のアロカツでは、「100均のアロマオイルの危険性や副作用は?本物の精油との見分け方やおすすめの活用法も!」

でした。

★100均のアロマオイルが危険な3つの理由や副作用は

  1. 100均のアロマオイルは、「天然成分100%のオイル」ではないので危険
  2. 皮膚トラブルや身体に有害な「界面活性剤」の副作用の危険
  3. 人工香料を吸い続けることは「有害物質」に身体が汚染される危険

★天然成分100%の精油(エッセンシャルオイル)との簡単な見分け方は?

  • 箱・ラベルで「学名・原産国」などのデーターをチェック。
  • 「精油」または「エッセンシャルオイル」「100%」の表記をチェック。
  • 価格が安すぎるオイルには注意。

★100均のアロマオイルおすすめな活用法は

  • アロマキッチンクレンザーでシンクをピカピカに!
  • 床やたたみの雑巾がけで防ダニ効果

でした。

途中、少しこわいことを言ってしまった部分もありましたね。

しかし、100均のアロマオイルは原料に不明点があり、アロマテラピーで使うことは身体に害をおよぼす可能性があるためアロカツではおすすめできません。

それでも100均アロマも正しい用途で活用することで、使い道はいくらでも見つかりますよ(*’▽’)。

天然成分で作られたアロマは価格が100均に比べたら高めですが、ネットではお店を構えていない分、低価格で売られているお店もたくさんあります。

リラクゼーションや心のケア目的には安全なアロマを利用してアロカツを楽しんでいただけら幸いです。

本物のアロマエッセンシャルオイルを低価格で購入できるサイトはこちらでまとめてあります。

アロマオイル・グッズをネット通販で購入する場合のおすすめサイトまとめ!

最後まで読んでいただき
ありがとうございました。