アロマの意味・効果・効能

アロマオイル(精油)フランキンセンスの効果・効能とおすすめな使い方・禁忌や注意点も!

Lily
Lily
こんにちは!lily(リリー)です。「アロカツ」にご訪問ありがとうございます!

澄みきったような優雅な甘さがある優しいフランキンセンスの香りは、アンチエイジング化粧品に配合されていることが多く有名な香りですが、実は他にも私たちの心や精神面に様々な働きかけをする精油なんです。

今回のアロカツでは、「フランキンセンス」の精油について

  • 精神面・身体に働きかける効果・効能をチェック!
  • フランキンセンスと相性がいい香りは?
  • おすすめな使い方は?
  • フランキンセンスの禁忌や注意点は?

など、気になる部分について紹介していきます。是非最後までチェックしてみてください。

アロマ(精油・エッセンシャルオイル)フランキンセンスの特徴と他のオイルとの相性・平均相場

それでは、さっそく「フランキンセンス」の特徴からチェックしていきましょう。

フランキンセンスの特徴

主に東アフリカで生育する樹高3~7mの低木です。

樹液が固まったものを水蒸気蒸留したものがフランキンセンスの精油。

別名「乳香」や「オリバナム」とも呼ばれています。

古くから寺院での瞑想や宗教儀式に使われ、神聖なものとして大切にされてきました。

かつてクレオパトラがフェイスパックとして利用していたというお話もあり、現在では、アンチエイジングなどの美容面での効果も注目されています。

香水の原料や漢方にも利用されたり、医療での応用についても研究されている、多くの効能を持った精油です。

【フランキンセンスのデータ】

学名 Boswellia carterii
(ボスウェリア カルテリ)
科名 カンラン科
抽出部位 樹脂
抽出法 水蒸気蒸留法・有機溶剤法
主な産地 インド・エチオピア・ソマリア・オマーン他。
精油の色 透明
香りのイメージ 清らかな甘さのエレガントな香り。
香りノート ベース
主な成分 α-ピネン・リモネン・パラシメン他。

 

フランキンセンスの香りと相性がいい精油(エッセンシャルオイル)

フランキンセンスと相性がいい香りは、以下の通りです。

免疫力の向上に

  • オレガノ
  • ラベンサラ

うつ症状の緩和に

  • ゼラニウム
  • ベルガモット

ストレスの軽減に

  • ビターオレンジ
  • マンダリン

気分の落ち込みに

  • ベルガモット
  • バイオレット

元気になりたいときに

  • オレンジ
  • ゼラニウム
  • グレープフルーツ

風邪の予防や症状の緩和に

  • 柚子
  • パイン
  • シナモン
  • ブラックペッパー

スキンケアに

  • ネロリ
  • ローズ
  • ラベンダー
  • ミルラ

柑橘系全般

  • マンダリン
  • スイートオレンジ
  • ビターオレンジ
  • 柚子

など。

ハーブ系

  • バジル
  • オレガノ

フローラル系

  • カモミール・ローマン
  • ネロリ
  • バイオレット
  • ローズ
  • ゼラニウム
  • ラベンダー

スパイス系

  • シナモン
  • ブラックペッパー

オリエンタル系

  • サンダルウッド
  • ベチバー
  • パチュリー

ウッディ系

  • サイプレス
  • サンダルウッド
  • パイン
  • ジュニパーベリー
  • ラベンサラ

樹脂系

ミルラ

スパイス系

  • シナモン
  • ブラックペッパー

 

フランキンセンスの精油の平均価格相場は10ml 2,500円~6,000円

店舗でのフランキンセンスの平均相場は10ml 2,500円~6,000円程とやや高価格。原産地や種の種類によって価格が異なります。

一方通販では、10ml 600円~激安で品質が高いフランキンセンスの精油を購入できます。

参考商品はこちら

 

低価格で精油を購入できるおすすめの通販サイトはこちらの記事でまとめてあります!

アロマオイル・グッズをネット通販で購入する場合のおすすめサイトまとめ!

フランキンセンスの主な作用・効果・効能をチェック!

フランキンセンスが精神面や身体に働きかける作用・効能・効果について紹介します。

主な作用

  • 抗うつ作用
  • 鎮静作用
  • 強壮作用
  • 鎮痛作用
  • 抗菌作用
  • 抗カタル作用
  • 抗炎症作用
  • 抗感染作用
  • 細胞活性化作用
  • 駆風作用
  • 去痰作用
  • 免疫強壮作用
  • 健胃作用
  • 消化促進作用
  • 呼吸器系の不調改善
  • 尿路系の抗炎症作用
  • 利尿作用
  • 子宮強壮作用
  • 血行促進作用
  • 血液浄化作用
  • 消毒作用
  • 傷痕形成作用
  • 癒傷作用
  • 収れん作用
  • アンチエイジング作用

 

心・精神面への効能

フランキンセンスは、古くから宗教儀式や瞑想に使われてきた歴史があることからもわかるように、精神面への優れた作用があります。

  • イライラ
  • 不安
  • 緊張
  • 恐怖
  • 情緒不安定
  • 心の乱れ
  • トラウマ
  • パニック

などの心の不調の緩和に役立ちます。ゆっくりとした深い呼吸に整え、心を落ち着けクリアにし、集中力や精神性を高めてくれます。

身体への効能・効果

フランキンセンスには、特に呼吸器系に優れた作用があり、のどの痛み、咳、気管支炎、喘息などの症状の緩和が期待できます。

また、抗菌、抗ウイルス作用や抗炎症作用がある成分が含まれているので、感染症予防や風邪の症状の緩和にも役立ちます。

さらに、血液の循環を良くしてくれるので、冷え性にも効果的で、自律神経を整える作用と子宮強壮作用もあることから、更年期障害や PMS(月経前症候群)、月経トラブルにも効果的。

お肌への働きかけとしては、皮膚細胞を活性化する作用や、収れん作用もあるので、

  • しわ
  • たるみ
  • 毛穴の引き締め
  • ニキビの予防、改善
  • 傷跡、ニキビ跡の緩和
  • 妊娠線のケア

など、ニキビケアからアンチエイジングまで、肌タイプを問わず美肌作りに役立てることができる精油です。

Lily流、おすすめレシピや使い方!禁忌・注意点もチェック

フランキンセンスの効果的な使い方や禁忌・注意点を紹介します。

ストレス性の不眠や産後うつに芳香浴

ストレスが原因でなかなか寝付けない時や産後に心のバランスが崩れてしまった時には、フランキンセンスをブレンドした芳香浴で一旦疲れ切った神経を休めましょう。

もし、ディフューザーがない場合でも、コットンに垂らして枕元に置くだけでも効果的です。

【おすすめブレンド】

  • フランキンセンス2滴
  • マンダリン3滴

 

妊娠線の予防ケアにブレンドオイルを塗布

急激にお腹が張ってくる妊娠7か月くらいから、皮膚のつっぱりや乾燥が特に気になってきます。

なにもせずにいると、肌に亀裂が入り妊娠線がくっきりできてしまうので、できるだけお肌のうるおいを保つことが大切です。

【おすすめブレンド】

精油濃度1%の場合

  • フランキンセンス4滴
  • パルマローザ1滴
  • ネロリ1滴
  • マカダミアナッツオイル30ml

 

マカダミアナッツオイルは肌の浸透性が高く、皮膚を保湿し乾燥を防ぎます。

 

【作り方】

マカダミアナッツオイルにすべての精油を混ぜて完成。

【マッサージ法】

  1. お腹全体をくるくると円を描くように優しく擦り込むようにマッサージ
  2. 胸やおしり、太ももなどは両手と指を意識して大きな円と小さく円を描くイメージで皮膚をほぐすようにマッサージ
  3. 1日2~3回する

 

特にお風呂上がりの皮膚が柔らかくなっている状態でマッサージするのが効果的。

おしりや太ももなどは、鏡を見ながらまんべんなく塗れているかチェックしましょう。

どうしても見えにくい背面部分は、周りの人に手伝ってもらいましょう。

呼吸器系のトラブルには吸入法

吸入法は、風邪の後に長引く咳や、喘息の発作の症状を緩和したい時におすすめな方法。

【おすすめブレンドレシピ】

  • フランキンセンス3滴
  • ローズマリーCTシオネール1滴
  • サイプレス1滴

【吸入法の仕方】

  1. 洗面器やボールに熱湯を入れ、精油を落とす。
  2. バスタオルを被り、上がってきた蒸気を5分~10分吸入。

 

フランキンセンスの禁忌や注意点をチェック!

フランキンセンスの精油の禁忌は特にありませんが、念のため、妊娠初期の使用は止めておきましょう。

まとめ

【フランキンセンスの心・精神面への効能・効果】

  • 抗うつ作用
  • 安眠作用
  • 鎮静作用

【フランキンセンスの身体への効能・効果】

  • 抗菌作用
  • 子宮強壮作用
  • 抗炎症作用
  • 収れん作用

★【フランキンセンスの効果的な使い方】

  • 不眠症や産後うつには芳香浴
  • 妊娠線の予防にはブレンドオイルを塗布
  • 呼吸器系のトラブル緩和には吸入法

がおすすめです。

★【フランキンセンスの精油の禁忌や注意点】

特にないが、念のため妊娠初期の利用は控えたほうがいい。

最後まで読んでいただきありがとうございました。