アロマの意味・効果・効能

アロマオイル(精油)ローズマリー・ベルべノンの効能とおすすめな使い方・禁忌や注意点も!

Lily
Lily
こんにちは!lily(リリー)です。
「アロカツ」にご訪問ありがとうございます!

スッキリとした芳香とともに、様々な作用があるローズマリーは、神聖な植物であるとも考えられていたため、古代から人々の間で大切にされてきた植物なんです。

その中でも、特に美容面への効果に優れた「ローズマリー・ベルべノン」についてチェックして、心や身体の美容・健康に役立てていきましょう。

今回のアロカツでは、「ローズマリー・ベルべノン」の精油について

  • 精神面・身体に働きかける効果・効能をチェック!
  • ローズマリー・ベルべノンと相性がいい香りは?
  • おすすめな使い方は?
  • ローズマリー・ベルべノンの禁忌や注意点は?

など、気になる部分について紹介していきますので、是非最後までチェックしてみてください。

アロマ(精油・エッセンシャルオイル)ローズマリー・ベルべノンの特徴と他のオイルとの相性・平均相場

それでは、さっそく「ローズマリー・ベルべノン」の特徴からチェックしていきましょう。

ローズマリー・ベルべノンの特徴

ローズマリーは地中海地方原産の、樹高80~180cmほどになるシソ科の常緑低木です。

性質はとても強健で、つやのある細い葉を持ち、小さなブルー系のかわいい花を咲かせます。

ハンガリーの王女がローズマリーを水に浸けた「ハンガリーウォーター」で美しさを取り戻し、高齢にもかかわらず王子にプロポーズされたという逸話から、ローズマリーは若返りの象徴でもあります。

ローズマリーの中でも、ローズマリー・ベルベノンは、スキンケアやヘアケア、肝機能向上やダイエットなどに効果的です。

【ローズマリー・ベルべノンのデータ】

学名 Rosmarinus officinalisct.verbenone
(ロスマリヌス オフィキナリス ベルべノン)
科名 シソ科
抽出部位 葉と花
抽出法 水蒸気蒸留法
主な産地 スペイン・フランス・チュニジア他。
精油の色 透明
香りのイメージ スッキリとしたフレッシュなハーブの香り。
香りノート トップ~ミドル
主な成分 α-ピネン・ベルべノン・カンフェン・1,8-シネオール他。

 

ローズマリー・ベルべノンの香りと相性がいい精油(エッセンシャルオイル)

ローズマリー・ベルべノンとブレンドすると相性がいい精油を症状別・系統別で紹介します。

やる気や集中力の向上に

  • ペパーミント
  • レモン

精神疲労に

  • ラベンダー
  • ベルガモット

筋肉痛の緩和に

  • プチグレン
  • ローレル
  • タラゴン

低血圧に

  • ペパーミント
  • クローブ

肌のアンチエイジングに

  • ゼラニウム
  • フランキンセンス

セルライトの緩和に

  • プチグレン
  • シダーウッド

白髪予防に

セージ

柑橘系

  • レモン
  • シトロネラ
  • ベルガモット

ハーブ系

  • ペパーミント
  • オレガノ
  • タラゴン
  • セージ
  • タイム

フローラル系

  • ゼラニウム
  • ラベンダー

スパイス系

  • シナモン
  • クローブ

樹木系

  • ローレル
  • シダーウッド
  • パイン
  • プチグレン
  • ユーカリ

樹脂系

フランキンセンス

ローズマリー・ベルべノンの精油の平均価格相場は10ml 4,000円~7,000円

精油の価格の違いは、メーカーやブランドの他、製法や抽出量・オーガニックであるかないかによって異なります。

ローズマリー・ベルべノンの抽出方法は、水蒸気蒸留法です。

水蒸気蒸留法は、精油に不純物(付着した細かなゴミなど)が入らずに抽出できますが、熱を加えるため劣化しやすい特性があります。

この劣化を防ぐためには、低温で蒸留する必要があり、この工程でのコストがかかるため、精油の価格が高くなります。

また、農薬を使わずに栽培されたオーガニックの精油も同じく、手間をかけている分の費用やオーガニック認証取得費用がかかるため、高価格に。

ローズマリーには、

  • カンファー
  • ベルべノイン
  • シネオール

と3種類のケモタイプに分かれています。

その中でも「ベルべノン」は、他の二つの種類より香りが強く、また価格も高いめです。

1本常備しておくと心と身体・お肌と様々な不調に活用できます。

参考商品はこちら

 

また、精油を購入する際には、必ず「学名」や「抽出方法」・「原産国」などの精油データーをチェックしてみましょう。

精油データーがないものは偽物の可能性が高いので注意してください。

アロマグッズを低価格で購入できるおすすめの通販サイトはこちらでもチェックできます!

アロマオイル・グッズをネット通販で購入する場合のおすすめサイトまとめ!

ローズマリー・ベルべノンの主な作用・効果・効能をチェック!

ローズマリー・ベルべノンが精神面や身体に働きかける作用・効能・効果について紹介します。

主な作用

  • 鎮静作用
  • 神経強壮作用
  • 抗菌作用
  • 抗真菌作用
  • 抗感染作用
  • 鎮經作用
  • 刺激作用
  • 消化促進作用
  • 消化器強壮作用
  • 心臓強壮作用
  • 肝臓強壮作用
  • 性的強壮作用
  • 駆風作用
  • 健脳作用
  • 催胆作用
  • 利尿作用
  • 通経作用
  • 去痰作用
  • 鎮痛作用
  • 血流促進作用
  • 血圧上昇作用
  • 免疫力向上作用
  • 結石溶解作用
  • 抗カタル作用
  • 抗リウマチ作用
  • 筋肉弛緩作用
  • 収れん作用
  • セルライトの改善
  • 抜け毛の防止
  • 育毛促進
  • フケの防止
  • 白髪の防止

心・精神面への効能

ローズマリーの中でもローズマリー・ベルべノンは「α-ピネン」を最も多く含んでいるため、森林浴をした時と同じような効果が期待できます。

  • 憂うつ
  • 無気力
  • 不安
  • ストレス
  • イライラ
  • 精神疲労
  • 情緒不安定

などの心の不調を緩和し、気持ちを落ち着かせて癒し、自信や元気を与えてくれます。

身体への効能・効果

ローズマリー・ベルべノンの主成分である「α-ピネン」の働きで、心臓強壮・血流促進作用に優れているため、

  • 冷え性
  • 低血圧
  • 肩こり
  • 頭痛

などの、血行不良が原因の不調の改善に役立ちます。

また、脳の血流を増やす事にもつながるので、集中力や記憶力の向上にも。

さらに、ローズマリー・ベルべノンの抗菌・抗感染・免疫力向上作用は、風邪やインフルエンザなどの感染症予防にも効果的です。

加えて催胆・肝機能強壮作用もあるため、肝臓疾患のケアに役立つ精油でもあります。

ローズマリー・ベルべノンは、その名の通り「ベルべノン」の含有率が高いため、ローズマリーの中でも特に美容面の働きかけに優れています。

代謝を上げて、皮膚細胞の再生を促してくれるので、アンチエイジングに役立ち、ニキビ跡や傷跡の回復を助ける働きも。

また、頭皮への代謝促進・強壮作用で、様々な頭皮トラブルの緩和に効果的で、薄毛や白髪が気になる方にも役立ちます。

さらに、「カンファー」の働きもあわせて、セルライトの除去にも効果が期待できます。

Lily流、おすすめレシピや使い方!禁忌・注意点もチェック

ローズマリー・ベルべノンの効果的な使い方や禁忌・注意点を紹介します。

ダイエット中の脂肪燃焼にはアロマバス

ベルべノンはローズマリーシリーズの中では脂肪燃焼作用に優れています。

キャリアオイルと乳化剤に精油を混ぜてバスオイルを作り、湯せんの温度を38℃~40℃に設定して身体の老廃物を排出しましょう。

【おすすめレシピ&準備するもの】

  • ローズマリー・ベルべノン5滴
  • グレープフルーツ10滴
  • ペパーミント4滴
  • キャリアオイル5ml
  • アロマバスベース(乳化剤)6ml
  • スポイト式の遮光瓶ボトル20ml
  • ビーカー又は計量カップ

【アロマバスの作り方】(バスタイム2~3回分)

  1. ビーカー又は計量カップにバスベース(乳化剤)の分量を計りながら入れる
  2. ①と同じように、キャリアオイルを入れる
  3. 最後に精油を落としよく混ぜる
  4. ボトルに流し込み蓋を閉めてよく振り混ぜる

出来上がったバスオイルは、湯せんに入る直前に入れるのが効果的です。

目を閉じて香りを感じながら、ゆっくりと深呼吸してみましょう。

半身浴もおすすめ!


バスオイルの安全な作り方については、こちらの記事でも紹介しています。

アロマオイルをお風呂に入れてヒリヒリする原因や対処法は?正しい使い方や分量も紹介!

消化器系の不調に塗布トリートメント

アロマトリートメントは、プロの方に施術してもらうのが一番ですが、オイルを塗布するトリートメント法なら一人でも簡単に消化器系の不調を和らげることができます。

精油(エッセンシャルオイル)をキャリアオイル(植物油)で希釈してブレンドオイルを作り、精油成分を気になる部位に擦り込みましょう。

【おすすめレシピ&準備するもの】
(精油濃度1%の場合)

  • ローズマリー・ベルべノン1滴
  • スイートオレンジ1滴
  • ホホバオイル10ml
  • ビーカー(ない場合は計量カップ)
  • マドラー(ない場合は割りばし)
  • 容器1
  • 遮光瓶10ml(少量の使用のみで保存する場合)

【ブレンドオイルの作り方】

  1. 容器にキャリアオイルを計り入れ、各精油を落とす
  2. マドラー(ない場合は割りばしなど)で混ぜる

【トリートメント法】

オイルをたっぷり手のひらに取り、両手で温めてから胃~腹部全体に塗布します。

時計回りで円を描くようにゆっくり優しくマッサージすると効果的です。

うつ症状や更年期の症状に芳香浴

精神疲労やうつ症状・更年期のイライラした感情を落ち着かせたいときは、ローズマリー・ベルべノンの香りを感じてみましょう。

一番の方法として、ディフューザーを利用してお部屋全体に香りを拡散する方法がおすすめ。

もし、ディフューザーがない場合はコットンに精油を2滴~4滴ほどリビングや寝室に置いておくだけでも効果的です。

【おすすめレシピ】

  • ローズマリー・ベルべノン2滴
  • ラベンダー2滴

ローズマリー・ベルべノンの禁忌や注意点をチェック!

Lily
Lily
★ローズマリーシリーズの中でも、「ベルべノン」はもっとも香りが強い精油です。刺激がつよいため、妊娠中の人は使用は控えましょう。

また、授乳中やてんかん持ちの人の使用も控えましょう。

★作用が強い精油なので、少量での使用をおすすめします。

★敏感肌の人は皮膚刺激を受けやすいの注意しましょう。

まとめ

ローズマリー・ベルべノン心・精神面への主な効能・効果】

  • 鎮静作用
  • 神経強壮作用

【ローズマリー・ベルべノンの身体への主な効能・効果】

  • 血流促進作用
  • 心臓強壮作用
  • 抗菌作用
  • 抗ウイルス作用
  • 代謝促進作用

他。

★【ローズマリー・ベルべノンの効果的な使い方】

  • ダイエット中の脂肪燃焼にはアロマバス
  • うつ症状や更年期の症状に芳香浴
  • 消化器系の不調に塗布トリートメント

がおすすめです。

【ローズマリー・ベルべノンの精油の禁忌や注意点】

  • 妊娠中・授乳中・てんかん持ちの人は使用を禁止
  • 作用が強いため、1回にたくさんの量を使わない
  • 敏感肌の人は皮膚刺激を起こす可能性あり。

最後までお読みいただき
ありがとうございました。