アロマの意味・効果・効能

アロマオイル(精油)ジャスミンの効果・効能とおすすめな使い方・禁忌や注意点も!

Lily
Lily
こんにちは!lily(リリー)です。「アロカツ」にご訪問ありがとうございます!

ジャスミンは、ムスクにも似た濃厚な甘い香りと、エキゾチックな香りが特徴的なアロマで、かつての美の象徴であるクレオパトラからも愛された特別な香りとも言われています。

今日のアロカツでは、別名「香りの王」とも呼ばれるジャスミンの

  • 精神面・身体に働きかける効果・効能をチェック!
  • ジャスミンと相性がいい香りは?
  • おすすめな使い方は?
  • ジャスミンの禁忌や注意点は?

など、ジャスミンの気になる部分について紹介していきます。

アロマ(精油・エッセンシャルオイル)ジャスミンの特徴と他のオイルとの相性・平均相場

それでは、さっそく「ジャスミン」の精油についてチェックしていきましょう。

ジャスミンの特徴

「ジャスミン」は白くて可愛らしい小さな花を咲かせる植物です。摘む時間によって香りが変化する不思議な植物です。特に夜間に摘む花は濃厚でフレッシュな甘さが際立ちます。

世界中に300種類はあると言われているジャスミンの中でも、「スペインジャスミン」と呼ばれる種類が主にアロマに使用されています。そこから抽出されるアロマは、濃厚な甘さとエキゾチックな香りが漂います。

【ジャスミンのデータ】

学名 jasminum grandflorum
(ヤスミヌム グランディ フロルム)
jasinum offcinale
(ヤスミヌム オフィキナレ)
科名 モクセイ科
部位 花びら
抽出法 有機溶剤法・圧搾法
主な産地 エジプト・フランス・モロッコなど。
精油の色 オレンジ色
香りのイメージ フローラルな甘さと漂うフレッシュな香り。
香りノート ミドル~ベース
主な成分 酢酸ベンジル・安息香酸ベンジル・ジャスミンラクトン・フィトール・リナロール・ネロリドール他。

 

ジャスミンと相性がいい精油(エッセンシャルオイル)

柑橘系

  • オレンジスイート
  • レモン
  • メリッサ
  • パルマローザ
  • ベルガモット
  • マンダリン
  • プチグレン

フローラル系

  • ゼラニウム
  • カモミール
  • ローズ
  • ネロリ

ハーブ系

クラリセージ

ウッディ系

  • ジュニパーベリー
  • サイプレス
  • ローズウッド

樹脂系

  • フランキンセンス
  • エレミ

スパイス系

シナモン

オリエンタル系

  • イランイラン
  • サンダルウッド
  • パチュリー

特にローズとの相性がよく、女性らしさ溢れた香りになります。

ジャスミンの精油の平均価格相場は10ml 10,000円~30,000円

ジャスミンの精油は花から抽出されますが、約1000kgの花ビラからわずか1ℓほどの量しか抽出できません。このため、貴重で高価な精油として取り扱われています。

大容量だと高額になるため購入する場合は、5mlなどの少量やホホバオイルで希釈されたブレンドオイルがおすすめです。

ジャスミンの精油は香りが強いため、少量の使用で十分な作用をもたらします。

高価な種類の精油は、店舗での購入よりネット通販での購入がお得です。

参考商品はこちら


 

低価格で精油を購入できる通販サイトはこちらでもチェックできます!

アロマオイル・グッズをネット通販で購入する場合のおすすめサイトまとめ!

ジャスミンの主な作用・効果・効能をチェック!

ジャスミンが精神面や身体に働きかける作用・効能・効果について紹介します。

主な作用

  • 抗うつ作用
  • 鎮痛作用
  • 鎮静作用
  • 抗菌作用
  • 抗炎症作用
  • 催淫・性的強壮作用

心・精神面への効能

  • 不安
  • 不眠
  • 興奮
  • ストレス
  • 欲求不満
  • 自信がない

ジャスミンは、情緒に深く作用して、心・精神面での問題を助けてくれる作用があります。

この効能は、ジャスミンを使用する量によって変わります。

少量を使用する場合は、心を落ち着かせリラックスできる鎮静作用を得ることができます。

多量に使用する場合は、催淫作用や気分を高めて自分に自信をもたせてくれる作用を得ることができます。

この場合は、ハンカチなどに数敵垂らして持ち歩くことがおすすめです。

面接や会議の直前などの緊張感を取り除き、気分を高めたい場面にも手軽に使用することができます。しかし、気持ちを高揚させる働きがあるため、集中する作業には不向きの香りです。

自分の求めている効能に合わせて、相性の良い精油とブレンドする配分を調節してみましょう。

他にも、ジャスミンの効能である催淫・性的強壮では、お互いの愛情表現を豊かにするという意味もあります。

普段は恥ずかしくてパートナーや恋人への感謝の気持ちや愛情を素直に言葉で表現できない場合にもおすすめです。

身体への効能・効果

  • 子宮収縮
  • 子宮強壮
  • 月経痛緩和
  • ホルモンバランス調整
  • 肌の保湿・軟化

ジャスミンは、古代から女性の冷感症や女性性を引き出し、気持ちを高める催淫剤としても使われています。この効能は、女性だけではなく、男性の性的トラブル(インポテンツ)にも役立てることができます。

ジャスミンは、ホルモンを調整する効能があります。特に、女性の生殖器に関わるホルモンの調節に効果的です。子宮収縮作用があるため、生理中の子宮の働きをサポートしてくれます。

また分娩の進行をスムーズにしてくれる作用もあるため、途中で陣痛が弱くなって、分娩の進行が停滞してしまっている場合にもおすすめです。

産院では、アロマの効果を利用してケアを行なっている施設も数多くあります。バースプランを聞かれた際に、分娩室でのアロマディフューザーの使用や、ジャスミンを取り入れたケアが受けられるかどうか確認してみてください。

Lily流、おすすめな使い方と禁忌・注意点もチェック!

それでは、ジャスミンの香りを利用したおすすめな使い方や禁忌や注意点を紹介します。

気持ちをリラックスさせ気分を高める芳香療法

不安や不眠・催淫作用で気分を高めるには、ジャスミンの香りを利用した芳香療法」がおすすめです。ディフューザーを使用してお部屋に香りを拡散させましょう。

ディフューザーがない場合は、バケツや洗面器にお湯を張って精油を垂らすだけで代用することができます。

また、精油を3滴~5滴落としたコットンを容器に入れ、寝室の枕元に置いておくのもおすすめです。

月経痛にはセルフトリートメント

精油(エッセンシャルオイル)をキャリアオイル(植物油)で薄めてブレンドオイルを作り、気になる症状がある部位に塗布し成分を皮膚に浸透させる方法になります。

★準備するもの(お腹・腰回りに塗布・精油濃度2%の場合)

  • ホホバオイル(植物油)10ml
  • ビーカー(計量カップでも代用可能)
  • ジャスミン1滴
  • ゼラニウム3滴

ブレンドオイルの作り方

ビーカーに10mlのキャリアオイルと精油(エッセンシャルオイル)を4滴(濃度2%の場合)入れてマドラーなど(割りばし可)で混ぜ合わせればできあがりです。

下腹部や腰、仙骨付近を優しくマッサージしてみましょう。

キャリアオイル(植物性オイル)10mlに対しての精油滴数と濃度は以下の通りです。はじめてアロマを使う場合は「濃度1%」をおすすめします。
 

キャリアオイル 精油滴数(1滴0.05ml) 濃度%
10ml 2滴 1%
10ml 3滴 1.5%
10ml 4滴 2%

 

沈んだ感情を安定させるアロマバス

沈み気味の気持ちを和らげ、こころを安定させたい時にはアロマバスでジャスミンの香りに癒されましょう。

ジャスミンの精油にキャリアオイルと乳化剤を混ぜてバスオイルを作り、湯せんの温度を38℃~40℃に設定し、ゆっくり浸かるのが効果的です。

バスオイルの作り方については、こちらの記事に必要な材料と参考レシピを説明しています。

アロマオイルをお風呂に入れてヒリヒリする原因や対処法は?正しい使い方や分量も紹介!

ジャスミンの禁忌や注意点をチェック!

女性の生殖器にとって良い効能ですが、ジャスミンには通経作用があるため、使用時期には注意も必要です。

まだ分娩時期では無い妊婦が使用してしまうと、早産になってしまう可能性があります。

妊娠の可能性がある場合は、赤ちゃんが生まれても問題のない時期になるまで使用を避ける必要があります。

また、母乳を促進すると言われていたジャスミンですが、実は抑制する作用がある事実が判明しました。授乳中のママさんは避ける必要があります。

母乳の出を促進するにはフェンネルがおすすめです。

他にも、ジャスミンには気持ちを高揚させる作用があるので、運転中の使用も避けましょう。

ジャスミンの精油・効果・効能まとめ

【ジャスミンの心・精神面への効能・効果】

  • 精神安定
  • 抗うつ
  • 不安解消
  • 催淫作用

【ジャスミンの身体への効能・効果】

  • 月経痛緩和
  • 子宮収縮作用
  • 男性のインポテンツ
  • ホルモン調整作用

★【ジャスミンの効果的な使い方】

  • 気持ちをリラックスさせ、気分を高める芳香療法
  • 生理痛にはセルフトリートメント
  • 沈んだ感情を安定させるアロマバス

★【精油ジャスミンの禁忌や注意点】

女性の生殖器の悩みにもとても役立つアロマですが、妊娠中(初期・中期)、授乳中の使用は避けましょう。