アロマの意味・効果・効能

アロマオイル(精油)クラリセージの効果・効能とおすすめな使い方・禁忌や注意点!

Lily
Lily
こんにちは!lily(リリー)です。「アロカツ」にご訪問ありがとうございます!

「クラリセージ」はマスカットに似たフルーティーな香りが際立つアロマ(精油)で、特に女性特有の様々なトラブルの改善に使われています。

生理が始まった女性~更年期障害が始まった女性まで幅広い年齢層の女性を優しくサポートしてくれます。

「クラリセージ」の持つ様々な作用を知って、心や身体の健康管理に役立てていきましょう。

今回のアロカツでは、「クラリセージ」の精油について

  • 精神面・身体に働きかける効果・効能をチェック!
  • クラリセージと相性がいい香りは?
  • おすすめな使い方は?
  • クラリセージの禁忌や注意点は?

など、気になる部分について紹介していきますので、是非最後までチェックしてみてください。

アロマ(精油・エッセンシャルオイル)クラリセージの特徴と他のオイルとの相性・平均相場

それでは、さっそく「クラリセージ」の特徴からチェックしていきましょう。

クラリセージの特徴

クラリセージは、シソ科のサルビア属の一種で、標高1000mほどの乾燥した高地で育つ多年草。

背丈160cmほどに成長し、毛の生えた大きな葉と、春から夏にかけて2cmのピンク色や白色の花を咲かせます。

ほのかに甘く、マスカットを思わすフルーティーな香りが特徴的で、女性用の化粧水や香水の原料として使われることも多いアロマ(精油)です。

ドイツでは、質の悪いワインの風味を良くするために、クラリセージとエルダーフラワーを加えることも。

【クラリセージのデータ】

学名 Salvia sclarea
(サルウィア スクラレア)
科名 シソ科
抽出部位 花の先端・葉
抽出法 水蒸気蒸留法
主な産地 フランス・モロッコ・ロシア他。
精油の色 淡い黄色
香りのイメージ 甘くスパイシーなマスカット調
香りノート トップ~ミドル
主な成分 酢酸リナリル・リナロール・スクラレオール他。

 

クラリセージの香りと相性がいい精油(エッセンシャルオイル)

クラリセージとブレンドすると相性がいい精油を症状別・系統別で紹介します。

月経痛トラブルの緩和に

  • サイプレス
  • カモミールローマン
  • ローズ
  • ゼラニウム
  • ジャスミン
  • マジョラム

PMS(月経前症候群)や更年期の症状に

  • パチュリー
  • ヤロウ
  • ローズ
  • ゼラニウム
  • カモミールローマン

精神疲労やうつに

  • ラベンダー
  • マジョラム
  • メリッサ
  • ベルガモット
  • ベチバー
  • プチグレン
  • カモミールローマン

肩こりや筋肉痛の緩和に

  • オレンジ
  • ジュニパー
  • ラベンダー
  • ローズマリー
  • レモングラス
  • グレープフルーツ

皮脂が気になる頭皮のケアに

  • イランイラン
  • サイプレス
  • シダーウッド
  • ジュニパー
  • ゼラニウム

柑橘系全般

  • スイートオレンジ
  • ベルガモット
  • レモングラス
  • プチグレン
  • メリッサ

など。

ハーブ系

  • マジョラム
  • ローズマリー
  • タラゴン
  • バジル

フローラル系

  • ゼラニウム
  • カモミールローマン
  • ローズ
  • ジャスミン
  • ヘリクリサム
  • ヤロウ

スパイス系

  • コリアンダー
  • カルダモン

樹木系

  • サイプレス
  • ジュニパー
  • シダーウッド
  • ローズウッド

オリエンタル系

  • イランイラン
  • パチュリ
  • ベチバー

樹脂系

  • フランキンセンス
  • オポポナクス
  • ベンゾイン

クラリセージの精油の平均価格相場は10ml 1,500円~6,000円

精油の価格の違いは、メーカーやブランドの他、製法や抽出量・オーガニックであるかないかによって異なります。

クラリセージの抽出方法は、水蒸気蒸留法です。

水蒸気蒸留法は、精油に不純物(付着した細かなゴミなど)が入らずに抽出できますが、熱を加えるため劣化しやすい特性があります。

この劣化を防ぐためには、低温で蒸留する必要があり、この工程でのコストがかかるため、精油の価格が高くなります。

また、農薬を使わずに栽培されたオーガニックの精油も同じく、手間をかけている分の費用やオーガニック認証取得費用がかかるため、高価格に。

ネット通販では、平均相場より低価格で良質なクラリセージが購入できます。

クラリセージの精油を選ぶポイントとして、必ず学名が「 Salvia sclarea」のものを選びましょう。

同属に「セージ」

学名「Salvia offcinalis」がありますが、「セージ」には毒性の強い「ツヨシ」が50%以上含まれています。

クラリセージ(学名 Salvia sclarea)には「ツヨシ」は含まれていません。

参考商品はこちら

 

また、精油を購入する際には、必ず「学名」や「抽出方法」・「原産国」などの精油データーをチェックしてみましょう。

精油データーがないものは偽物の可能性が高いので注意してください。

アロマグッズを低価格で購入できるおすすめの通販サイトはこちらでチェックできます!

アロマオイル・グッズをネット通販で購入する場合のおすすめサイトまとめ!

クラリセージの主な作用・効果・効能をチェック!

クラリセージが精神面や身体に働きかける作用・効能・効果について紹介します。

主な作用

  • 鎮静作用
  • 抗うつ作用
  • 催淫作用
  • 神経強壮作用
  • 自律神経調整作用
  • 通経作用
  • 抗菌作用
  • 抗ウイルス作用
  • 抗感染作用
  • 鎮痛作用
  • 消化促進作用
  • 子宮強壮作用

心・精神面への効能

クラリセージの主成分「酢酸リナリル」や「リナロール」は、強い鎮静作用があるため、ストレスによる精神疲労や神経疲労の緩和に効果的。

また、生理痛で気分が落ち込んでしまったときや、更年期障害による気分のむらや苛立ちを改善するサポートをしてくれます。

他にも、神経が過敏になり緊張状態のときやパニック症状を起こしたときなどに香りを嗅ぐことで、気持ちを落ち着かせてくれるでしょう。

身体への効能・効果

クラリーセージは、「スクラレオール」という女性ホルモンの「エストロゲン」に似た作用を持ちます。

子宮の動きやホルモンの乱れを正常に整えてくれるため、

  • 生理痛
  • PMS(月経前症候群)
  • 月経不順

で悩んでいる場合に役立てることができます。

また、女性ホルモンが減少してくることで生じる「更年期障害」の症状緩和にも効果的。

産婦人科では、お産をスムーズにおこなうために子宮収縮作用があるクラリセージを使うことがあります。

分娩時には、子宮強壮作用と鎮痛作用が陣痛のサポートをして痛みを緩和させてくれます。

女性のトラブル以外にも、抗炎症作用により肩こりや筋肉痛を緩和したいときにも良いです。

また、消化器系のトラブルの

  • 消化不良
  • 胃痛
  • 過敏性腸症候群
  • 腹部の膨張

などのお悩みにも効果的です。

お肌への働きかけとしては、デオドラント作用により、頭皮の過剰な皮脂の分泌を抑えフケやべたつきなどの不快感を解消。

Lily流、おすすめレシピや使い方!禁忌・注意点もチェック

クラリセージの効果的な使い方や禁忌・注意点を紹介します。

イライラした気持ちを落ち着かせたいときは芳香浴

精神的な不調に効果的な一番の方法は芳香浴です。ディフューザーを利用して、お部屋に香りを拡散する方法がおすすめ。

もし、ディフューザーがない場合でも、バケツにお湯を入れ、精油を3~5滴落としておくのも効果的です。

不眠症状が続く時は、コットンに精油を落とし枕元に置いておくことで、安眠作用をもたらします。

【おすすめレシピ】

  • クラリセージ2滴
  • ゼラニウム1滴
  • プチグレン又はスイートオレンジ2滴

月経痛の緩和には塗布トリートメント

本来アロマトリートメントは、プロの方に施術してもらうのが一番ですが、オイルを塗布するトリートメント法なら一人でも簡単にでき、痛みの緩和ケアに活用できます。

精油(エッセンシャルオイル)をキャリアオイル(植物油)で希釈してブレンドオイルを作り、精油成分を気になる部位に擦り込みましょう。

【おすすめレシピ&準備するもの】
(精油濃度2%の場合)

  • クラリセージ1滴
  • サイプレス1滴
  • イランイラン1滴
  • ホホバオイル10ml
  • ビーカー(ない場合は計量カップ)
  • 容器1
  • 遮光瓶10ml(少量の使用のみで保存する場合)

【ブレンドオイルの作り方】

  1. 容器にキャリアオイルを計り入れ、各精油を落とす
  2. マドラー(ない場合は割りばしなど)で混ぜる

【トリートメント法】

オイルをたっぷり手のひらに取り、両手で温めてから痛みの気になる下腹部や腰部分に塗布します。

時計回りで円を描くようにゆっくり優しくマッサージすると効果的です。

PMSや更年期による心のトラブルにはアロマバス

アロマバスを利用して、PMSや更年期による気持ちの不快感を軽減させ、心も身体もリラックスさせましょう。

キャリアオイルと乳化剤に精油を混ぜてバスオイルを作ります。

湯せんの温度を38℃~40℃に設定してゆっくり浸かりましょう。

【おすすめレシピ&準備するもの】

  • クラリセージ5滴
  • ゼラニウム10滴
  • ジュニパー4滴
  • キャリアオイル5ml
  • アロマバスベース(乳化剤)6ml
  • スポイト式の遮光瓶ボトル20ml
  • ビーカー又は計量カップ

【アロマバスの作り方】(バスタイム2~3回分)

  1. ビーカー又は計量カップにバスベース(乳化剤)の分量を計りながら入れる
  2. ①と同じように、キャリアオイルを入れる
  3. 最後に精油を落としよく混ぜる
  4. ボトルに流し込み蓋を閉めてよく振り混ぜる

出来上がったバスオイルは、湯せんに入る直前に入れるのが効果的です。

症状が辛い場合はバスタイム2回分、リラックス目的なら3回分に分けて使うのがおすすめ。

目を閉じて香りを感じながら、ゆっくりと深呼吸してみましょう。


バスオイルの安全な作り方については、こちらの記事でも紹介しています。

アロマオイルをお風呂に入れてヒリヒリする原因や対処法は?正しい使い方や分量も紹介!

クラリセージの禁忌や注意点をチェック!

Lily
Lily
★通経作用(子宮収縮)があるため、陣痛時・分娩時を除き妊娠中の使用は禁止です。

★高揚感を感じることができる精油のため、運転中や集中力を養いたいときには不向きです。

★アルコールを摂取しているときに使うと悪酔いする場合があるので、お酒を飲む日の使用は避けましょう。

まとめ

【クラリセージの心・精神面への主な効能・効果】

  • 鎮静作用
  • 抗うつ作用
  • 催淫作用
  • 神経強壮作用

【クラリセージの身体への主な効能・効果】

  • 通経作用
  • 抗菌作用
  • 抗ウイルス作用
  • 抗感染作用
  • 鎮痛作用

他。

★【クラリセージの効果的な使い方】

  • イライラした気持ちを鎮めたいときは芳香浴
  • 月経痛の緩和には塗布トリートメント
  • PMSや更年期による心のトラブルにはアロマバス

★【クラリセージの精油の禁忌や注意点】

  • 通経作用があるため、陣痛時・分娩時以外は妊婦さんの使用は禁止
  • アルコールを飲む日は悪酔いしやすいため、クラリセージは控える
  • 高揚感をもたらす精油のため、運転中や集中したいときの使用は控える

最後までお読みいただき
ありがとうございました。