アロマの意味・効果・効能

アロマオイル(精油)ベンゾインの効果・効能とおすすめな使い方・禁忌や注意点も!

Lily
Lily
こんにちは!lily(リリー)です。「アロカツ」にご訪問ありがとうございます!

「ベンゾイン」はあまりなじみがないかもしれませんが、古くから様々な形で人の生活に役立てられてきた植物なんです。

たくましさすら感じさせる名前ですが、実はバニラのような甘い香りがします。

そんなベンゾインの様々な作用をチェックして、私たちの心や身体の健康に役立てていきましょう。

今回のアロカツでは、「ベンゾイン」の精油について

  • 精神面・身体に働きかける効果・効能をチェック!
  • ベンゾインと相性がいい香りは?
  • おすすめな使い方は?
  • ベンゾインの禁忌や注意点は?

など、気になる部分について紹介していきますので、是非最後までチェックしてみてください。

アロマ(精油・エッセンシャルオイル)ベンゾインの特徴と他のオイルとの相性・平均相場

それでは、さっそく「ベンゾイン」の特徴からチェックしていきましょう。

ベンゾインの特徴

東南アジア原産の、樹高20mにもなるツツジ科の高木で、この樹液から抽出されたものがベンゾインの精油です。

歴史は古く、バニラのような甘い香りは食品の香料や香水の原料に使われたり、作用をいかして薬や保湿剤にも用いられてきました。

また、ベンゾインには悪霊を追い払う力があると考えられていた時代には、宗教儀礼用の薫香としても大切にされていたそうです。

現在では、高級ブランドの香水や、お香などにも使われています。

【ベンゾインのデータ】

学名 Styrax benzoin
(スティラクス ベンゾイン)
科名 エゴノキ科
抽出部位 樹脂
抽出法 水蒸気蒸留法/有機溶剤法
主な産地 タイ・スマトラ・ラオス他。
精油の色 濃いめの茶色
香りのイメージ バニラを思わせる甘い香り。
香りノート ベース
主な成分 プロピレングリコール・安息香酸他。

 

ベンゾインの香りと相性がいい精油(エッセンシャルオイル)

ベンゾインとブレンドすると相性がいい精油を症状別・系統別で紹介します。

リラックスしたいときに

  • オレンジ
  • ベルガモット
  • ラブダナム

気分を高めたいときに

  • レモン
  • イランイラン
  • ブラックペッパー

喉の調子が悪いときに

  • サイプレス
  • シダーウッド
  • フランキンセンス

やけどの手当てに

  • スパイクラベンダー
  • イモーテル
  • ラブダナム

あかぎれのケアに

  • ラベンダー
  • ラブダナム
  • ミルラ

お肌にうるおいを与えたいときに

  • ローズ
  • ミルラ
  • サンダルウッド

柑橘系

  • オレンジ
  • レモン
  • マンダリン
  • ベルガモット

ハーブ系

ペパーミント

フローラル系

  • ネロリ
  • ローズ
  • ラベンダー
  • イモーテル
  • カモミール

スパイス系

  • ブラックペッパー
  • コリアンダー

オリエンタル系

  • サンダルウッド
  • イランイラン

樹木系

  • プチグレン
  • ジュニパー
  • サンダルウッド
  • ローズウッド
  • サイプレス
  • ユーカリ
  • シダーウッド

樹脂系

  • ミルラ
  • フランキンセンス
  • ラブダナム

 

ベンゾインの精油の平均価格相場は10ml 1,500円~4,800円

精油の価格の違いは、メーカーやブランドの他、製法や抽出量によって異なります。

また、農薬を使わずに栽培されたオーガニックの精油も同じく、手間をかけている分の費用やオーガニック認証取得費用がかかるため、高価格に。

ベンゾインの抽出方法は、「溶剤抽出法」です。

溶剤抽出法は、ヘキサンや石油エーテルなどの有機溶剤に植物を浸して、香りの成分を溶かし、固形になった物質をさらにアルコールで溶かし冷却します。

そして最後に精油だけを取り除くという作業をします。

そのため溶剤抽出法では、より濃厚で華やかな精油が抽出できる分、精油が高いです。

安く購入する方法としてネット通販があります。ネット通販では良質な精油を平均相場以下で販売しているお店があります。

選ぶ時のポイントとしては、希釈された精油の購入をおすすめします。

ベンゾインは粘度が濃いため、ドロッパーからなかなか出てきません。

寒い季節に突入すると、より粘度が固めになる性質があるので、30%~50%に希釈されたものを選んだほうが使いやすいです。

また、ベンゾインは少量でも香りが強く、単品で使うことが少ない精油なので、5ml単位での購入がおすすめ。

参考商品はこちら

 

また、精油を購入する際には、必ず「学名」や「抽出方法」・「原産国」などの精油データーをチェックしてみましょう。

精油データーがないものは偽物の可能性が高いので注意してください。

アロマグッズを低価格で購入できるおすすめの通販サイトはこちらでもチェックできます!

アロマオイル・グッズをネット通販で購入する場合のおすすめサイトまとめ!

ベンゾインの主な作用・効果・効能をチェック!

ベンゾインが精神面や身体に働きかける作用・効能・効果について紹介します。

主な作用

  • 鎮静作用
  • 抗カタル作用
  • 抗感染作用
  • 抗炎症作用
  • 駆風作用
  • 去痰作用
  • 利尿作用
  • 強心作用
  • 血行促進作用
  • 呼吸器系の強壮作用
  • 血糖値の抑制作用
  • 神経バランス作用
  • 抗肺炎作用
  • 食欲増進
  • 冷えの改善
  • 癒傷作用
  • 瘢痕形成作用
  • 収れん作用
  • 保湿作用
  • 日焼け防止作用
  • 皮膚軟化作用

 

心・精神面への効能

ベンゾインには優れた鎮静作用があるため、

  • 緊張
  • ストレス
  • 精神疲労
  • イライラ
  • 孤独感
  • 不安感
  • 喪失感

などの精神的な不調を和らげてくれます。

自律神経系への働きかけにより、心を落ち着け、癒しや幸福感を与えてくれるでしょう。

身体への効能・効果

「息を楽にする」ことから、「安息香」とも呼ばれるベンゾインは、呼吸器系への優れた作用が特徴です。

ベンゾインの呼吸器系への働きかけと、抗炎症・抗感染作用で、

  • 喘息
  • 気管支炎
  • のどの不快症状
  • 声のかすれ
  • 風邪の予防

などの呼吸器系の不調全般のケアに役立てることができます。

また、血行促進作用により冷え性の緩和にも効果的。

加えて、ベンゾインには炎症をおさえる作用があるので、

  • 神経痛
  • 関節痛
  • リウマチ

などの症状を和らげる効果も期待できます。

さらに、皮膚を潤し柔らかくする作用で、

  • あかぎれ
  • ひび割れ
  • しもやけ

などの皮膚トラブルにも効果的です。

ベンゾインのお肌への効果としては、抗炎症作用が皮膚炎やニキビのケアにも役立ちます。

また、瘢痕形成作用により、傷跡やニキビの跡をきれいにするサポートをしてくれるでしょう。

Lily流、おすすめレシピや使い方!禁忌・注意点もチェック

ベンゾインの効果的な使い方や禁忌・注意点を紹介します。

ふわっと香る練り香水

お好みの精油を使って簡単にマイ練り香水が作れます。今回はワセリンを利用した簡単レシピを紹介します。

【準備するもの&おすすめレシピ】

  • ベンゾイン2滴
  • ネロリ1滴
  • イランイラン1滴
  • 白色ワセリン(容器のサイズに合わせてお好みで)
  • 練り香水を入れる蓋つきミニ容器(大きさはお好みで)
  • つまようじ1本
  • スパチュラ(ない場合はスプーンで代用)

★容器は丸型で手のひらに収まるサイズが持ち運びに便利です。

【練り香水の作り方】

  1. 容器の蓋を開けワセリンを入れる
  2. 各精油を落とす
  3. つまようじで全体を混ぜる

簡単3分でできちゃうのでおすすめ(*’▽’)。

ヘアオイルでしっとりとまとまった髪に

ベンゾインの甘い香りに癒されながら、髪のお手入れをしましょう。

【おすすめレシピ&準備するもの】

  • ホホバオイル50ml
  • ビーカー又は計量カップ
  • 遮光瓶50ml(スポイト型orプッシュタイプがおすすめ)
  • ベンゾイン3滴
  • スイートオレンジ2滴
  • パルマローザ2滴

【ヘアオイルの作り方】

  1. ビーカー又は計量カップにホホバオイルを入れる
  2. 精油を落としよく混ぜる
  3. 遮光瓶に入れる

【使い方】

洗髪後に適量(10円玉くらい)のオイルを手のひらに取り、髪になじませてましょう。

オイルの量は、髪の量や長さで調節してください。

付け終わった後はブラッシングして、ドライヤーでよく乾かしましょう。

ボディの乾燥肌ケアに塗布トリートメント

ベンゾインには、お肌を保湿する働きがあるので、お風呂上がりのボディーローション代わりに使えます。

精油(エッセンシャルオイル)をキャリアオイル(植物油)で希釈してブレンドオイルを作り、お肌になじませていきましょう。

【おすすめレシピ】
(女性のからだ全身用:精油濃度1%の場合)

  • ベンゾイン2滴
  • ラベンダー1滴
  • スイートオレンジ2滴
  • ホホバオイル25ml
  • ビーカー(ない場合は計量カップ)
  • 容器1

【ブレンドオイルの作り方】

  1. 容器にキャリアオイルに各精油を落とす
  2. マドラー(ない場合は割りばしなど)で混ぜる

ボディーローションを塗る感覚でお使いください。

ベンゾインの禁忌や注意点をチェック!

Lily
Lily
★香りが強いため、少量で十分な作用があります。

大量に使うのは、気分が悪くなる原因になりますので気を付けましょう。

★妊娠初期の人の使用も控えましょう。

まとめ

【ベンゾインの心・精神面への主な効能・効果】

鎮静作用

【ベンゾインの身体への主な効能・効果】

  • 呼吸器系の強壮作用
  • 去痰作用
  • 抗炎症作用
  • 抗感染作用
  • 血行促進作用

他。

★【ベンゾインの効果的な使い方】

  • ふわっと香る練り香水
  • ヘアオイルでしっとりまとまった髪に
  • ボディの乾燥肌のケアに塗布トリートメント

がおすすめです。

【ベンゾインの精油の禁忌や注意点】

  • 妊娠初期の人の使用は避ける
  • 香りが強いため、少量で使う

最後までお読みいただき
ありがとうございました。