アロマの意味・効果・効能

アロマオイル(精油)アンジェリカルートの効果・効能とおすすめな使い方・禁忌や注意点も!

Lily
Lily
こんにちは!lily(リリー)です。「アロカツ」にご訪問ありがとうございます!

「アンジェリカルート」はラベンダーやミントなど有名なものに比べて、日本ではあまり聞きなれないアロマオイルの一つです。

しかし、ヨーロッパではアロマテラピーはもちろんのこと、ハーブティーや料理にも用いられるとてもメジャーな植物。

その効能から「天使がその秘めたる力を教えてくれた。」というロマンチックな由来がついています。

重厚で甘さを感じさせる香りの良さだけではなく、その効能から心や身体のサポート役にもなってくれます。

天使が教えてくれた秘めた力を試してみましょう。

今回のアロカツでは、「アンジェリカルート」の精油について

  • 精神面・身体に働きかける効果・効能をチェック!
  • アンジェリカルートと相性がいい香りは?
  • おすすめな使い方は?
  • アンジェリカルートの禁忌や注意点は?

など、気になる部分について紹介していきますので、是非最後までチェックしてみてください。

アロマ(精油・エッセンシャルオイル)アンジェリカルートの特徴と他のオイルとの相性・平均相場

それでは、さっそく「アンジェリカルート」の特徴からチェックしていきましょう。

アンジェリカルートの特徴

水辺に生息するセリ科の植物。

アロマオイル(精油)の名前に「ルート」とつくように香りの成分は植物の根から抽出されます。

アンジェリカシードという別のアロマもあり、そちらは種子から香りの成分を抽出しています。

アンジェリカルートは、重厚で甘みを感じさせ、ムスクのようだとも表現される香りが特徴的。

その香りの良さから、お酒のジンやお菓子、香水など様々な商品の香りづけに利用されていました。

不安にさいなまれる心のサポートにも強い効果を発揮してくれる為、別名「不安と力の精油」とも呼ばれています。

【アンジェリカルートのデータ】

学名 Anjelica archangelica
(アンゲリカ アルカンゲリカ)
科名 セリ科
抽出部位
抽出法 水蒸気蒸留法
主な産地 フランス・ベルギー・ハンガリー他。
精油の色 淡い黄色
香りのイメージ ハーブ調で重厚な甘さ
香りノート ベース
主な成分 α-ピネン・δ-3-カレン・β-フェランドレン・α―フェランドレン・リモネン・サビネン他。

 

アンジェリカルートの香りと相性がいい精油(エッセンシャルオイル)

アンジェリカルートとブレンドすると相性がいい精油を症状別・系統別で紹介します。

ストレスの緩和に

女性特有の月経トラブル

呼吸器系のトラブルに

ニキビや吹きでものに

柑橘系

ハーブ系

  • クラリーセージ
  • バジル
  • ディル

フローラル系

樹木系

オリエンタル系

  • ベチパー
  • パチュリ

アンジェリカルートの精油の平均価格相場は10ml 12,000円~15,000円

精油の価格の違いは、メーカーやブランドの他、製法や抽出量・オーガニックであるかないかによって異なります。

アンジェリカルートの抽出方法は、水蒸気蒸留法です。

水蒸気蒸留法は、精油に不純物(付着した細かなゴミなど)が入らずに抽出できますが、熱を加えるため劣化しやすい特性があります。

この劣化を防ぐためには、低温で蒸留する必要があるため、この工程でのコストがかかり精油の価格が高くなります。

また、農薬を使わずに栽培されたオーガニックの精油も同じく、手間をかけている分の費用やオーガニック認証取得費用がかかっているため、高価格に。

アンジェリカの精油は他の精油のように多く出回っておらず希少価値がついています。

少しでも安くアンジェリカの精油を購入する方法としては、ネット通販をおすすめします。

また、アンジェリカルートは香りが強いため、ブレンドする際に少量で使用します

よって購入の際は1ml~5ml単位の精油をおすすめします。

また、精油を購入する際には、必ず「学名」や「抽出方法」・「原産国」などの精油データーをチェックしてみましょう。

精油データーがないものは偽物の可能性が高いので注意してください。

アロマグッズを低価格で購入できるおすすめの通販サイトはこちらでチェックできます!

アロマオイル・グッズをネット通販で購入する場合のおすすめサイトまとめ!

アンジェリカルートの主な作用・効果・効能をチェック!

アンジェリカルートが精神面や身体に働きかける作用・効能・効果について紹介します。

主な作用

  • 鎮静作用
  • 精神安定作用
  • 健胃作用
  • 抗菌作用
  • 殺菌作用
  • 抗感染作用
  • 抗炎症作用
  • 鎮咳作用
  • 鎮痛作用
  • 消毒作用
  • 催淫作用
  • 通経作用
  • 駆風作用
  • 神経強壮作用
  • 発汗作用
  • 抗アレルギー作用
  • 消化促進作用
  • 利尿作用

心・精神面への効能

アンジェリカルートは別名「不安と力の精油」と評されるほど、心・精神面への効能が高いアロマ(精油)です。

主成分の「α-ピネン」「リモネン」には気持ちをリラックスさせる作用があります。

ストレスを溜め込みすぎてしまったり、不安が強くて気持ちが落ち着かない時に効
能を発揮してくれる強い味方。

苦しさや困難でいっぱいいっぱいの時には強いパワーを与えてくれます。

身体への効能・効果

アンジェリカルートには鎮痛作用があり、女性特有の悩みでもある「生理痛」や身体の様々な痛みを和らげます。

他にも

  • 血行促進作用
  • 発汗作用
  • 利尿作用

を持つことから、体内の老廃物や毒素を体の外に排出。

冷え性の緩和にも効果的です。

成分の「δ-3-カレン」には咳を落ち着けてくれる作用があり呼吸器系のトラブルにもおすすめです。

また、催淫作用があるため、女性・男性共にベットアロマとしても活用できます。

Lily流、おすすめレシピや使い方!禁忌・注意点もチェック

アンジェリカルートの効果的な使い方や禁忌・注意点を紹介します。

強いストレスを癒すには芳香浴

精神的な強いストレスに押しつぶされそうな時はディフューザーを利用した芳香浴で穏やかな気持ちを取り戻しましょう。

もし、ディフューザーがない場合でも、マグカップにお湯を入れ、精油を落とし蒸気を吸う方法もおすすめ。

【おすすめレシピ】

  • アンジェリカルート1滴
  • ゼラニウム2滴
  • グレープフルーツ3滴

☆マグカップ吸入法では、各精油1滴ずつがおすすめ。

咳を鎮め痰を出しやすくするには蒸気吸引

風邪や気管支炎・喘息による咳の軽減に活用できる簡単な蒸気吸入法です。

【おすすめレシピ&準備するもの】

  • アンジェリカルート1滴
  • マートル1滴
  • マグカップ
  • 沸かしたお湯

【吸入法】

  1. マグカップに熱湯を入れ精油を入れる
  2. 上がってくる蒸気をゆっくりと吸う

気道の炎症がひどい場合はむせる場合があります。

あまりにもひどくむせる場合は使用を中止しましょう。

月経痛には塗布トリートメント

アロマトリートメントは、プロの方に施術してもらうのが一番ですが、オイルを塗布するトリートメント法なら一人でも簡単にでき、痛みの緩和ケアに活用できます。

精油(エッセンシャルオイル)をキャリアオイル(植物油)で希釈してブレンドオイルを作り、精油成分を気になる部位に擦り込みましょう。

【おすすめレシピ】
(精油濃度2%の場合)

  • アンジェリカルート1滴
  • サイプレス1滴
  • ラベンダー2滴
  • ホホバオイル10ml

【ブレンドオイルの作り方】

  1. キャリアオイルに各精油を落とす
  2. マドラー(ない場合は割りばしなど)で混ぜる

☆オイルを塗布し、下腹部や腰部分を優しく円を描くようにマッサージすると効果的。

冷え性にはアロマバス

アンジェリカには発汗作用があるので、アロマを使った全身浴で身体を芯から温めましょう。

キャリアオイルと乳化剤に精油を混ぜてバスオイルを作り、湯せんの温度を38℃~40℃に設定し、ゆっくり浸かりましょう。

目を閉じ香りを感じながら、ゆっくりと深呼吸してリラックスしてください。

【おすすめレシピ&準備するもの】

  • アンジェリカルート2滴
  • プチグレン8滴
  • ラベンダー5滴
  • キャリアオイル5ml
  • アロマバスベース(乳化剤)6ml
  • 遮光瓶ボトル20ml
  • ビーカー又は計量カップ

【アロマバスの作り方】(バスタイム2~3回分)

  1. ビーカー又は計量カップにバスベース(乳化剤)の分量を計りながら入れる
  2. ①と同じく、キャリアオイルを入れる
  3. 最後に精油を落としよく混ぜる
  4. ボトルに流し込み蓋を閉めてよく振り混ぜる

バスオイルの作り方については、こちらの記事でも紹介しています。

アロマオイルをお風呂に入れてヒリヒリする原因や対処法は?正しい使い方や分量も紹介!

アンジェリカルートの禁忌や注意点をチェック!

Lily
Lily
★アンジェリカルートには、女性ホルモンの1種でありエストロゲンの分泌をサポートすることによって、排卵を促したり生理を整える働きがあります。

★香りが強い為、少量で使うようにしましょう。

生理に悩む女性にとっては嬉しい作用ですが、妊娠中の使用は安全ではないため使用を控えましょう。

★アンジェリカには光毒性があります。

日焼けやシミの原因を作りやすく、皮膚トラブルを起こしやすい状態になっているので、使用後12時間は日光を必ず避けなければいけません。

身体にアンジェリカの精油を使用するには、昼間の時間を避け夕方以降に使用することをおすすめします

まとめ

【アンジェリカルートの心・精神面への主な効能・効果】

  • 鎮静作用
  • 精神安定作用

【アンジェリカルートの身体への主な効能・効果】

  • 殺菌作用
  • 抗感染作用
  • 抗炎症作用
  • 鎮咳作用
  • 鎮痛作用
  • 消毒作用
  • 催淫作用
  • 通経作用

他。

★【アンジェリカルートの効果的な使い方】

  • 強いストレスを癒すには芳香浴
  • 咳を鎮め痰を出しやすくするには蒸気吸引
  • 月経痛には塗布トリートメント
  • 冷え性にはアロマバス

★【アンジェリカルートの精油の禁忌や注意点】

  • 通経作用がある為、妊娠中の使用は避ける
  • 香りが強い為、高濃度での使用はさける
  • 光毒性がある為、お肌に使用後12時間は日光に当たらない

最後までお読みいただき
ありがとうございました。