アロマの意味・効果・効能

アロマオイル(精油)カーネーションの効果・効能とおすすめな使い方・禁忌や注意点も!

Lily
Lily
こんにちは!lily(リリー)です。「アロカツ」にご訪問ありがとうございます!

母の日の贈り物やフラワーアレンジメントにもよく登場する、カラフルでかわいらしい「カーネーション」。

精油と聞いて驚かれた方も多いのではないでしょうか。

私たちにとって身近な花であるカーネーションに対して、精油はとても高価で希少なものなんです。

まだあまり知られていないカーネーションの効果・効能を一足先にチェックして、心や身体の健康に役立てていきましょう。

今回のアロカツでは、「カーネーション」の精油について

  • 精神面・身体に働きかける効果・効能をチェック!
  • カーネーションと相性がいい香りは?
  • おすすめな使い方は?
  • カーネーションの禁忌や注意点は?

など、気になる部分について紹介していきますので、是非最後までチェックしてみてください。

アロマ(精油・エッセンシャルオイル)カーネーションの特徴と他のオイルとの相性・平均相場

それでは、さっそく「カーネーション」の特徴からチェックしていきましょう。

カーネーションの特徴

母の日のプレゼントとしてもおなじみのカーネーションは、地中海沿岸地域原産のナデシコ科の多年草です。

カーネーションは古代ギリシャ時代から栽培されていて、観賞用としてはもちろん、食用や香料などにも利用された歴史ある植物です。

また、ギリシャ神話ではその美しい姿から、「美女の生まれ変わり」であり、キリスト教では、「聖母マリアの涙から咲いた花」といわれ、古くから人々に大切にされてきました。

現在でも、多くの品種があるカーネーションは、フラワーアレンジメントや鉢花、ガーデニングなどでも親しまれ、生花は食用に、乾燥させてポプリに使われるなど、幅広く親しまれています。

通常、観賞用の花と精油を採取するための花は区別されることが多いのですが、カーネーションの場合は、ふだん私たちが目にする観賞用のカーネーションから精油が作られます。

でも、採油量が0.02~0.03%と大変少ないため、親しみのある存在である花とは違い、精油はとても高価で貴重なもの。

また、甘みと青みをあわせ持つスパイシーで複雑なカーネーションの香りは、香料として注目され、香水や化粧品などにも利用されています。

【カーネーションのデータ】

学名 Dianthus caryophyllus
(ダイアンサス ケーリョフィラズ)
科名 ナデシコ科
抽出部位
抽出法 溶剤抽出法
主な産地 イタリア・エジプト・フランス他。
精油の色 薄茶
香りのイメージ クローブに似た青みがあるフローラルな甘さ。
香りノート ミドル~ベース
主な成分 安息香酸ベンジル・サリチル酸ベンジル・ペンタコセン・リナロール・オイゲノール・ゲラニオール他。

 

カーネーションの香りと相性がいい精油(エッセンシャルオイル)

カーネーションとブレンドすると相性がいい精油を症状別・系統別で紹介します。

気分を高めたいときに

安心感がほしいときに

女性らしさをプラスしたいときに

胃腸の不快感の緩和に

柑橘系

ハーブ系

クラリセージ

フローラル系

スパイス系

コリアンダー

樹木系

サンダルウッド

オリエンタル系

樹脂系

カーネーションの精油の平均価格相場は10ml 20,000円~30,000円

精油の価格の違いは、メーカーやブランドの他、製法や抽出量・オーガニックであるかないかによって異なります。

カーネーションの精油は溶剤抽出法で抽出されていて、採油率が0.02~0.03%と他の精油に比べて極めて低く、とても希少なオイルです。

その為、10ml 20,000円以上と高価格で流通量も多くはありません。

香りが強く、使う場合は他の精油とブレンドすることがほとんどです。単品で頻繁に使う精油ではないので、1ml~3ml単位での購入がおすすめ。

参考商品はこちら

 

また、精油を購入する際には、必ず「学名」や「抽出方法」・「原産国」などの精油データーをチェックしてみましょう。

精油データーがないものは偽物の可能性が高いので注意してください。

アロマグッズを低価格で購入できるおすすめの通販サイトはこちらでチェックできます!

アロマオイル・グッズをネット通販で購入する場合のおすすめサイトまとめ!

カーネーションの主な作用・効果・効能をチェック!

カーネーションが精神面や身体に働きかける作用・効能・効果について紹介します。

主な作用

  • 鎮静作用
  • 抗鬱作用
  • 興奮作用
  • 催淫作用
  • 抗菌作用
  • 消化促進作用
  • 食欲増進作用
  • 昆虫忌避作用

心・精神面への効能

カーネーションの精油成分「リナロール」や「ゲラニオール」には鎮静作用や抗うつ作用があるため、

  • 神経疲労
  • ストレス
  • 落ち込み
  • 疲労感
  • 不安感
  • 憂鬱感
  • 緊張

などの様々な心の不調の緩和に役立ちます。

リフレッシュして気持ちを切り替え、心のバランスを整えることができます。

また、催淫・興奮作用があるため、気持ちを高めたいときや、ベッドサイドアロマとしても効果的。

身体への効能・効果

カーネーションの身体への作用はそれほど高いものではありませんが、精神面への働きかけとあわせて、

  • 消化不良
  • 食欲不振
  • おなかの張り

などの消化器系のサポートに役立てることができます。

また、カーネーションに含まれる「オイゲノール」や「安息香酸ベンジル」により、虫除けにも効果が期待できます。

Lily流、おすすめレシピや使い方!禁忌・注意点もチェック

カーネーションの効果的な使い方や禁忌・注意点を紹介します。

精神疲労や不眠に芳香浴

ストレスが原因の精神疲労による不眠症には、カーネーションの精油でエネルギーを高め、不安感や憂うつ感を取り除きましょう。

ディフューザーを利用する方法が一番ですが、ない場合はコットンに精油を数滴落とし枕元に置いておく安眠法がおすすめです。

【おすすめレシピ】

  • カーネーション1滴
  • マンダリン2滴
  • ラベンダー2滴

他にも、催淫作用や気分を高めたい場合は以下のブレンドがおすすめ。

  • カーネーション1滴
  • イランイラン1滴
  • レモン2滴

カーネーションの禁忌や注意点をチェック!

Lily
Lily
★皮膚刺激が強いので精油なので、念のためお肌への使用は控えましょう。

★妊娠中や授乳中の方の使用は控えましょう。

まとめ

【カーネーションの心・精神面への主な効能・効果】

  • 鎮静作用
  • 抗うつ作用
  • 興奮作用
  • 催淫作用

【カーネーションの身体への主な効能・効果】

  • 消化促進作用
  • 食欲増進作用

他。

★【カーネーションの効果的な使い方】

精神疲労による不眠症や気分を高めるには芳香浴おすすめ。

★【カーネーションの精油の禁忌や注意点】

★皮膚刺激が強いので精油なので、念のためお肌への使用は控える。

★妊娠中や授乳中の方の使用は控える。

最後までお読みいただき
ありがとうございました。